自動車保険をどう選ぶか?

保険料と等級について

任意保険の保険料は等級制度によって設定されます。
等級は1から20等級まであり、上に行くに従って保険料が安くなり、下にいくほど保険料が高くなります。
等級制度を分かりやすく言えば、自動車事故を起こす確率は等級で表わしたもので自動車事故を起こさなかった時は等級がアップし、自動車事故を起こした時、等級はダウンします。
自動車保険の保険料を安くしたいと思うであれば、等級をアップさせる事が一番で、この為には、安全運転を行ない、細心の注意を行なって運転する事です。
等級の設定方法としては、新規に自動車保険に加入する場合は6等級からスタートします。
そして、1年間、自動車事故を起こさず、自動車保険の補償を受けなかった時は1等級アップします。
等級の最大は20等級で、20等級まで行けば保険料はかなり格安となります。
逆に自動車事故を起こして、補償を受けると、等級は3等級ダウンします。
仮に6等級の方が自動車事故を起こした場合は、3等級となり、2年連続して補償を受けると最下位の1等級となり保険料は、かなり高い保険料となります。
この様に等級によって保険料に大きく影響するので、事故を起こさない様にする事が大事となります。
軽微な事故の場合、修理代と等級がダウンして保険料が高くなる事を比較して、仮に、自分で修理した方が特なると時は補償金申請をしない方がよいです。
また、保険会社にとっては、免許を取りたての1年間は、3等級のダウンをしない事もあるので、保険会社を選ぶ時は等級据え置き事故の制度があるか確認すると良いです。
記事を共有
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017自動車保険をどう選ぶか?.All rights reserved.