自動車保険をどう選ぶか?

運転者限定特約で保険料を割引

任意保険の保険料を安くする方法として、ネット損保に加入する事や等級を上げる方法がありますが、他にも運転者限定特約に加入する方法があります。
運転者限定特約は、殆どの自動車保険で利用する事ができます。
運転者限定特約は運転する方を限定する特約の事で、誰でも運転をする自動車であれば、自動車事故を起こす確立が増えますが、運転する方を限定すると、自動車事故を起こす確立も少なくなるので、保険料も安くなるのです。
運転者を限定するパターンも運転者本人限定、運転者と家族限定、運転者本人と配偶者限定の3パターンがあります。
運転者限定特約の家族とは、配偶者と同居している親族と、子供が別居している場合は未婚の子供が家族の対象となります。
結婚をして別居している子供が加増限定特約に加入している自動車に乗って事故を起こしても補償の対象外となるので注意が必要です。
また、未婚の子供の定義も保険会社よって異なるので、加入する前に確認すると良いです。
運転者限定特約には3種類の特約がありますが、この中で一番に保険料が安くなるのは、運転者本人限定となります。
家族がいる場合、運転者本人限定特約に加入することは難しくなりますが、なるべく自動車を運転する方を限定した方が保険料が安くなるので、加入する場合は、運転する方を慎重に選ぶ事が大事となります。
また、運転者限定特約に加入した場合は、補償の対象外となる方が運転をすることは絶対に避ける事が大事となります。
記事を共有
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017自動車保険をどう選ぶか?.All rights reserved.