自動車保険をどう選ぶか?

任意保険の免責

自動車事故を起こして、自動車保険に加入しているにも関わらず、補償を得られない事を免責と言います。
免責となる条件としては、自動車保険の種類によって異なりますが、一般的には、外国で自動車事故を起こした場合、親族(父母、配偶者、子等)に対して事故を起こした場合、酒酔い、無免許、麻薬等で運転した場合等があります。
地震、台風、津波等で車が壊れた場合は殆どの場合、免責となるようです。
但し、保険の種類によっては、補償される場合があるので、加入する前に、免責条件をしっかり確認する事が大事となります。
例えば、自宅で車庫入れをしている時に事故をおこした場合、身内同士が加害者と被害者になり、損害賠償は発生しない事になるので、この様な場合の対人、対物賠償保険では免責となりますが車両保険等に加入していると補償される事があるので、車両保険の補償で修理等を行なう事ができます。
他にも、親子が車に乗っている時に事故を起こして、奥さんや子供に怪我をさせた場合、対人賠償保険では、免責となりますが、人身傷害保険に加入していれば、人身傷害保険の補償を受ける事があるので、人身傷害保険の補償で治療等をする事ができます。
酒酔い、無免許、麻薬等で運転して自動車事故をした、対人賠償が発生した場合は補償を受けられる事がありますが、運転手や怪我しても免責となります。
この様に、自動車事故に対して、保険の種類により補償を受けられる場合と免責となる場合があるので、自動車保険に加入する時は補償対象となる事故の内容をしっかり把握して、加入する保険の種類を選ぶ事が大事となります。
記事を共有
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017自動車保険をどう選ぶか?.All rights reserved.