自動車保険をどう選ぶか?

自賠責保険の基礎知識

自賠責保険は国の法律で定められている制度、自動車を購入した時に、必ず加入しなければならない保険です。
自賠責保険に加入しないと、自動車の登録を行なう事ができないので、ナンバープレートを受け取る事ができなくなります。
また、車検を受ける時に、保険期間が切れている場合も同様で、車検が通らないので期限切れにならない様に注意する必要があります。
自動車保険には、自賠責保険と任意保険があり、任意保険に加入する時は、自賠責保険でどの様な時にどれだけ補償されるかしっかり理解して任意保険に加入する事が大事となります。
自賠責保険は対人賠償のみに補償される保険で自動車保険の対人賠償保険は、自賠責保険の補償額が不足した分を補償する保険となっています。
しかし、自賠責保険の補償額で対人補償額を全額支払われる事は少ないようです。
これは、対人賠償額が高額になっているからで、大きく不足するケースも増えているので、自動車保険の対人賠償保険の加入するべき保険となっています。
自賠責保険の補償額は、被害者の怪我の状態で異なり、障害に対する補償は120万円、後遺症が残った場合は、最も重い1級で4,000万円となっており、死亡させた場合は3,000万円となっています。
自動車事故で複数の方に損害を与えた場合は、限度額を上限として、被害者全てに支払われます。
自賠責保険の補償を受け取るには、自分で、保険会社に申請しなければならず、申請した後に厳格な審査や調査が行なわれ補償額の減額等が行なわれるので、申請する時は、自賠責保険に関して、ある程度調べて申請する事が大事となります。
記事を共有
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017自動車保険をどう選ぶか?.All rights reserved.