自動車保険をどう選ぶか?

対人賠償保険の基礎知識

対人賠償保険は自動車保険の一つで、自動車事故で相手に怪我をさせたり、死亡させた時等に支払われる保険です。
自動車を購入した時に、自賠責保険に加入する事が義務付けられており、自賠責保険も対人賠償保険となっているので自賠責保険の補償額を越えた分が自動車保険の対人賠償保険から支払われる事になります。
例えば、自動車事故を起こして相手を死亡させてしまい5千万円の賠償請求をされた時に、自賠責保険から3千万円位支払われますが、残りの2千万円は加害者が支払う事になります。
この時、対人賠償保険に加入していると2千万円が保険から支払われる事になります。
仮に、対人賠償保険に加入していない時は、自分で不足分を都合する事になります。
最近の賠償額は、以前と比較すると高額になっており、自賠責保険の補償のみでは不足する事が多くなっているようです。
自動車事故の状況によっては、もっと高額な賠償となる事があります。
自動車を運転する方は、加入しておくべき保険で自動車保険の中では最も大事な保険が対人賠償保険と言えます。
ちなみに、自賠責保険の補償限度額は3120万円となっており、どのような事故であっても限度額まで補償される事ではないので注意が必要です。
対人賠償保険には、無制限補償と制限保障があります。
最近の損保会社は無制限補償としている事が多い様ですが。
制限補償としている損保会社もあるので加入する時は確認が必要です。
無制限補償とは自賠責保険の補償額で不足した分を無条件の補償される事ですが、賠償額が高額となっている事から、加入する時は無制限補償に加入した方が良いです。
自動車を運転する方は、自分は絶対に事故を起こさないと考えているものですが、万が一、対人賠償保険に加入してなく事故を起こした場合、賠償金を一生支払い続ける事になりかねないので、加入すていくべき保険です。
記事を共有
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017自動車保険をどう選ぶか?.All rights reserved.