自動車保険をどう選ぶか?

任意保険の対物賠償保険とは

任意保険の対物賠償保険は事故を起こして、相手の自動車や、住居、店舗等の所有物に損害を与え、損害賠償責任が発生した時に支払われるタイプの保険です。
対物賠償保険は、自賠責保険には無いタイプの保険です。
事故の多くは被害者の所有する自動車も壊れる事があるので、自動車保険に加入する場合は、必ず加入しておく必要のある保険です。
対物賠償として支払われる条件としては、自動車や住宅の修理費は勿論支払われますが、他にも、営業出来なくなった時の費用や休業した場合の費用等の間接的な補償も受ける事ができます。
これらの、損害賠償は、高額の賠償金を請求されるケースが多くあるようです。
この様な事からも、自動車を運転するドライバーには無くてはならない保険となっています。
対物損害賠償と対人損害賠償保険は、セットとしている損保会社もありますが、別々の扱いとしている損保会社もあるので、自動車保険に加入する時は、確認をして加入する事が大事となります。
対物損害賠償保険の保険料相場は3,000万円〜5,000万円位で加入する事が多いようです。
そして、無制限で加入する事が常識となっています。
無制限とは、対物損害賠償額の補償が無制限と言う意味です。
最近は、損害賠償額も高額になってきており、高額な賠償額となる事が多い事から無制限に加入する事がお薦めの加入方法といえます。
損保会社の多くは無制限としていますが、中には限度額が1000万円としてる損保会社もあるので、加入する前に無制限とする事が可能か確認するとよいです。
対物賠償保険は対人賠償保険と同様にドライバーの自動車事故による損害賠償責任を果たす為には、欠かせない保険なので、自動車を購入した時点で加入するとよいです。
記事を共有
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017自動車保険をどう選ぶか?.All rights reserved.